中部地区最大規模のスポーツ複合施設 金山リバーサイドスポーツセンター 厚生労働大臣認定 健康増進施設
お気軽にお問い合わせください。0576-32-3300
ホーム > リバーサイドスポーツセンターとは?

子供たちの喜びの声を集めました。 笑顔の理由は?

HOME
リバーサイドスポーツセンターとは?
施設案内
チームで合宿
近隣スポット
新着情報
スタッフブログ
おすすめモデルコース

リバーサイドスポーツセンターとは?

 

リバーサイドスポーツセンター

ウェルネス「ぬく森の里」のヘルシーマインドを象徴する施設がリバーサイドスポーツセンターです。深い緑、小鳥のさえずりに交るせせらぎの響き。そんな環境のなかで、ゆったりのびのびと体を動かせる幸せがここにはあります。様々な競技が楽しめるアリーナ。体をよりしなやかにするトレーニングルーム。優れた音響設備をもつスタジオ。そして、四季を通して若鮎のように泳げる温水プール。快い汗とスポーツの爽やかさが一体となったヘルシーリゾートの先端は、今を生きるわたしたちが最も欲しかったものです。ここのスポーツクラブの会員になれば、プールもマシンもエアロビクスもお好みのまま。「体の遊び時間」をリザーブしませんか。

●ご利用時間
開館時間 :平日  9:30 ~ 21:30         
       土・日曜日 9:30~18:30
受付時間 :平日  20:00 まで
       土・日曜日 17:30まで
休館日 : 毎週水曜日 / 年末年始12月28日~1月3日 但しメンテナンスのためその他休館日有

●お申し込み・お問い合わせ先
金山リバーサイドスポーツセンター フロント
岐阜県下呂市金山町金山911-1
TEL:(0576)32-3300
FAX:(0576)34-0055

 

アクセス方法

 ※地図をクリックすると大きくなります ※地図をクリックすると大きくなります

●交通のご案内
名古屋 ←→ 飛騨金山
・車1時間40分(R41 82km)
・JR東海道本線・高山線特急1時間15分

下呂 ←→ 飛騨金山
・車33分(R41 27km)
・JR高山線30分

岐阜 ←→ 飛騨金山
・車1時間30分(R21・41 77km)
・JR高山線特急1時間

※JR高山線飛騨金山駅下車、岐阜バス八幡金山線ぬくもりの里下車
※飛騨金山駅より2.2km、R41より郡上八幡方面へ1km

 

料金表

【プール・マシーン・エアロビクス基本使用料】
区 分 プール
(1回)
マシーン
(1回)
エアロビクス
(1回)
摘 要
大 人 510円 820円 1,020円  
小 人 300円 小人は3歳以上中学生以下
シルバー 300円 510円 820円 シルバーは70歳以上

【スイミングスクール】
区 分 登録料
(年間)
月会費 摘 要
小 人(週1回) 1,540円 2,570円 小人は3歳以上中学生以下
小 人(週2回) 1,540円 4,110円
選手育成コース 1,540円 6,170円 コーチ推薦者

【スポーツクラブ】
区 分 登録料
(年間)
月会費 摘 要
大 人 3,080円 3,600円 中学生以上
シルバー・障がい者 1,540円 2,570円 シルバーは70歳以上
小 人 1,540円 1,540円 小人は3歳以上中学生以下
(マシーン・エアロビクスは使用不可)
法 人(1口) 30,850円 20,570円 1口は5人

【体育館】
施設名 \ 区 分 施設使用料
(1時間当たり)
照明使用料
(1時間当たり)
全 面 1,020円 1,020円
半 面 510円 510円
バドミントン1コート 300円 510円

【卓球場】 【柔道場】
1台(1時間当たり) 1室(1時間当たり)
300円 250円

【その他の施設】
会議室
(1室1時間当たり)
エアロビクススタジオ
(1時間当たり)
プールコース
(1コース1時間当たり)
250円 250円 2,050円

【スタジアム】
グラウンド(1時間当たり) 夜間照明設備(1時間当たり)
510円
2,570円


使用者(上記表中に掲げる年間登録料を納付している者を除く。)が、プールを使用して行う技術等の指導を受けようとする場合は、あらかじめ1回につき510円の指導料を納付しなければならない。
スイミングスクール、スポーツクラブを1ヶ月以上休む場合は、月会費を減額することができる。
施設の放送設備の使用料は、施設の使用料に含むものとする。
プールを使用するものはスイミングキャップを着用しなければならない。
3才未満のプール利用者はベビーハーネスを着用するものとする。
※ 小学校2年生以下でプールを使用するものは、高校生以上の保護者の同伴を必要とする(1人の保護者に付き3人)
加算利用料等
(1)営利行為を目的として、施設を利用する場合の利用料は、基本利用料の3倍の額とする。ただし、利用者が市外に住所を有するときは、基本利用料の5倍の額とする。

 
戻る このページの先頭へ
Copyright © 2006 WellNess. All Rights Reserved.